過払い金請求のゼロ和解とは?

カードローンで家賃を支払う時の注意点

カードローンで家賃を支払うことは、基本的にはおすすめができません。
家賃は生活費のうちの1つであり、毎月ほぼ必ずかかってくるお金です。
それをカードローンで借りてしまうと、借金がどんどん膨らんでいってしまう可能性が高くなります。
また、カードローンの金利に比べて、家賃の延滞金は負担が小さめです。
大家さんにもよりますが、1ヶ月遅れたくらいならば延滞金を請求されないということもあります。
賃貸契約の内容によっても異なりますが、家賃を滞納した場合の遅延損害金は、一般的にはカードローンよりも利率が低くなっています。
1ヶ月くらいなら、家賃の支払いを待ってもらったほうが良いでしょう。
しかし、家賃を3ヶ月程度滞納すると、契約を強制解約されてしまい、家を追い出されてしまう可能性があります。
そのような場合には、とりあえずカードローンで家賃を借りるということも必要になるでしょう。
そのような状況になる前に、手を打っておくことが重要です。
一時的な資金不足に陥っているが、2ヶ月後にはボーナスが出るのでそこまで耐えれば問題は解決するというようなケースでは、カードローンで家賃を借りるのも悪くありません。ケースバイケースとなりますが、よく考えて借りるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。